共働きの家計

日本FP協会の「FP無料体験相談」に行った感想【体験談口コミ】

FPにお金の相談をしてみたいけど、どの相談会に行ったらいいのかわからない……。

FPの相談会って、保険商品などの勧誘がありそうで不安……。

そう思っている人は、多いのではないでしょうか。

大事なお金の話なだけに、信頼できるFPに相談したいですよね。

育休中に、お金についての正しい知識をつけたいと思うようになった私。

まず手始めにと日本FP協会が開いている「FP無料体験相談」に参加してみました。

結果、日本FP協会のFP無料体験相談会は、お金の勉強初心者にはとてもタメになる内容でした!

たも
たも
“無料”が付くと怪しい雰囲気が漂うけど、勧誘も一切なく安心でした

今回は、日本FP協会のFP無料体験相談の内容と、行ってみての感想を紹介します。

FPに相談したいと考えている人にぜひ読んでいただきたい内容です!

オンライン上での無料マネーセミナーもおすすめ!

\勧誘なしだから安心/
お金の教養講座


日本FP協会とは?

日本FP協会とは、金融経済教育の分野で活動するNPO法人のこと。

ファイナンシャル・プランナー(以下FP)の養成や、ファイナンシャル・プランニングの普及啓発などを通じて、国民生活の向上、日本経済の発展に貢献することを目的としています。

1987年に創立した協会で、FP技能検定の実施や、FPへの教育、学生に向けたお金に関する出張授業、全国各地でのFP相談会など、さまざまな取り組みを行っています。

たも
たも
長い歴史を持つ団体なのね

日本FP協会のFP無料体験相談はどこで何を相談できる?

日本FP協会のFP無料体験相談会は、東京、大阪、札幌、仙台、金沢、名古屋、広島、福岡の8都市で常時開催されています。

事前予約制、50分間の対面形式でFPに相談ができる催しです。

相談内容は、

  • 家計管理や家計収支の見直し方法
  • お金の運用方法
  • 子どもの教育費について
  • 住宅購入や住宅ローンの見直し
  • 保険の見直し
  • 老後の生活設計について
  • 住宅ローンの返済計画見直し

などなど。暮らしとお金に関することであれば全般的に相談OKです。

たも
たも
東京会場は、神谷町駅から徒歩5分くらいの場所です

日本FP協会と保険業者とで決定的に違う点

お金について知識を付けたいと思いながら、何からすべきなのか迷っていた私。

一度ある保険業者の「FP無料相談」に申し込んだところ、その業者が扱っている保険を延々と勧められただけで、自分が欲していた情報は得られなかった苦〜い思い出があります。

たも
たも
お断りするのも一苦労だった……

その経験から「タダほど高いものはない!」という教訓を得たので、日本FP協会のFP無料体験相談会を知った時も、「怪しそうだな〜」と疑っていました。

が、日本FP協会のFP無料体験相談会には、保険業者などが行っているものと決定的に違う点があったのです。それは、「本来ならば料金が発生する相談会を、無料で体験できる」という点。

普段から無料で行っているFP相談会には「商品を売りたい」という隠れた目的がありますが、日本FP協会のFP無料体験相談会には営利的な目的がないのです。

日本FP協会のホームページにも「特定の金融商品・サービスの推奨や個別の税務相談を目的としたものではありません」といった一文がしっかりと明記されています。

さらに、ホームページから予約状況を見たところ翌々月の日程まで満席!

「これは期待出来そうだ……!」と感じ、参加を決めました。

日本FP協会のFP無料体験相談会、申し込み方法

日本FP協会のFP無料体験相談会への申し込みは、日本FP協会のホームページで随時受け付けています。

相談希望日の60日前から予約受付が開始しますが、受付開始後すぐに枠が埋まってしまうので要注意

私は、受付開始直後にアクセスし、無事希望の枠を取ることができました。

日本FP協会無料相談会空席確認のカレンダー東京会場の空席確認ページ。受付開始後しばらくすると、このように全枠満席になっていました!
たも
たも
人気だな~

予約受付後、メールにて相談準備のためのヒアリングシートが届くので、家族構成や貯蓄・収入の状況、当日相談したい内容などを細かく書いてWEBから提出します。

ヒアリングシートは、FP無料体験相談会を担当するFPさんが事前に読んで準備をしてくれるとのことで、ますます期待値がアップしました。

ヒアリングシートの質問事項にできる限り具体的に答えると、当日の相談を効率的に進められるそうです。

ちなみに、キャンセルは相談日の3週間前まで可能ですが、それ以降は原則不可となっています。

日本FP協会のFP無料体験相談会で相談した内容とリアルな感想

待ちに待った日本FP協会のFP無料体験相談会当日。

私は、育休中かつ平日だったので、0歳だった息子と2人で行きました。

たも
たも
事前に申請しておけば子連れでもOKでした

出迎えてくれたのは、笑顔が素敵なFPのおじさま2人。世間話もそこそこに、早速本題に入りました。

私が相談したのは、次の2項目です。

・現在の収支状況で、老後の生活設計に問題はないか

・学資保険の必要性と生命保険の選び方

FPさんは、事前に提出したヒアリングシートをもとに我が家の貯蓄、収支状況を分析し、年金などの大まかな計算もしてくれていました!

そのうえで、以下のアドバイスをいただきました。

  1. 現在の収支状況のままで老後に大きな心配はない。
  2. 住宅購入など大きな買い物はタイミングを見極めないと家計が傾く危険性があるので要注意。
  3. 我が家は子どもの大学進学時などに一時的に貯蓄がガクンと減るので、その時期に大きな支出を重ねないよう調整する。
  4. 我が家は学資保険よりジュニアNISA、つみたてNISAなどの積み立て系投資がメリット大。
  5. 生命保険は保険料が家計の圧迫とならない範囲で。
  6. 生命保険の掛け金は、死亡後の生活資金を考えた際に不足する分のみでOK。
  7. そもそも生命保険は「亡くなった後に足りない分を補うもの」と認識すべし。

ネットで調べて何となく知っていた知識もあったのですが、我が家の細かな収支状況を把握したお金のプロの言葉はネットに比べ断然説得力があり、家計方針を決めるにあたっての大きな安心材料となりました。

貯蓄も教育資金も老後資金も、家庭ごとに必要な額は異なる!

少し前に「老後2000万問題」が話題になりましたが、平均額という言葉に惑わされてはいけないな、と改めて感じたのでした。

 

上記2つの相談が終わったところでタイムオーバーとなり、日本FP協会のFP無料体験相談会は終了。

「今後個別に有料相談したい場合は、日本FP協会からFPを紹介できますよ」との紹介がありましたが、もちろん勧誘めいたものは一切なく、あっさりとさようならをいたしました。

ちなみに、相談中は授乳やおむつ替えなどが出来る雰囲気ではなかったので、子連れで行く際は会場に入る前に諸々済ませておくことを強くオススメします。

たもんち
たもんち
相談中、息子がおならをするたび、う〇こ漏らしていないかヒヤヒヤしていたのは私

まとめ

日本FP協会のFP無料体験相談会に参加してみて、「お金についての基礎知識を得たい」「お金のプロに相談するという体験をしてみたい」「フラットな立場のFPに相談をしたい」といった人にはぴったりの無料相談会だと感じました。

日本FP協会のFP無料体験相談会の時間は50分と時間が限られているので、込み入った相談をしたい方には物足りないかもしれませんが、悩み解決の道筋を見つけるきっかけになります。

FP相談を考えている方は、ぜひ日本FP協会のFP無料体験相談会に足を運んでみてください!

無料だけれど満足度は高いですよ〜!

\オンラインでお金の勉強ができる/
【無料】お金の教養講座



↓を押していただくとランキングポイントが入ります。応援いただけると嬉しいです*

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください