プロフィール

ワーママたも 似顔絵はじめまして、たもです。

2歳の息子、同年代の夫とともに都内で暮らす、30代のワーママです。

ここでは、私の自己紹介と、なぜブログを始めたのか?についてお話します。

都会に憧れ大学進学時に上京

海と山に囲まれた田舎町で生まれ育った私は、幼いころから東京に憧れていました。

成長するにつれ強まる「東京に行きたい!」という思い……。

決して裕福な家庭ではなかったですが、両親に頼み込んで東京の大学に入学し、

大学卒業後、そのまま東京で就職。

総合職として就職し、終電帰宅もザラな忙しい毎日でしたが、

出来ることが増えていくのが楽しく、20代前半はとにかく仕事に夢中!でした。

たも
たも
夜中まで会社にいるのがデフォルトだったけど、まったく辛くなかった!

が、20代後半になり急に結婚願望が強まり、

27歳の時に「30歳までに結婚する!」と目標を掲げ、

鬼の形相で婚活をしたのち彼氏をゲット。

交際が1年を経過したころに彼氏(現夫)に結婚を迫り、

30歳の誕生日一週間前にめでたく婚姻届けを提出しました。

不妊・不育治療を経て第一子出産

「結婚したらすぐに子どもが欲しいな~♪」と期待していたものの、なかなか恵まれず……。

自分には無関係だと思っていた不妊治療に足を踏み入れました。

そして、不育症であることが発覚!さらに子宮にポリープがあることも発覚!

治療で金銭的(100万以上のお金が飛んでいった)&精神的なダメージ(ここが一番辛かった)を受けながらも、約10か月の治療ののち無事妊娠。

不育症ということもあり、出産まで心配の連続でしたが、31歳で元気な男の子を出産しました。

たも
たも
妊娠中も、不育症治療のためにヘパリンを自己注射していました(涙)

息子0歳9ヵ月で育休から復帰!ワーママに

現在、夫婦互いの職場に近い50㎡の賃貸で暮らしています。

保育園への入りやすさも考慮し、息子が0歳9か月の時に時短勤務で職場復帰しました。

息子0歳で仕事復帰した理由と復帰後の気持ち

https://tamonchi.com/return-to-childcare-leave/

勤務先はザ・大企業!ではないものの制度はそこそこ整っており、周りの人にも恵まれたため、復帰に対してそこまで大きな不安はありませんでした。

ただ、もともと残業・出張が多い部署だったため、

時短といえども繁忙期には残業・出張が舞い込んできて、ヒーヒー言いながら働いています。

内弁慶な性格でして、職場では弱音を吐けずに仕事や悩みを抱え込みがち。

典型的なB型タイプなので、周囲からは「自由な性格だね」と言われる一方、

実はしょうもないことで悩むので、そのストレスを家で夫にぶちまけています。

たも
たも
夫よ、ごめん

が、働くことは好き!お金を稼ぐことは大好き!なので、仕事を辞めるという選択肢は今のところ1ミリもありません。

子どもが生まれる前に夫がストレスで数か月休職したことも、大きく影響していると思います。

夫に何かあった時、お金の面でストレスを抱えたくないと強く感じたのです。

たも
たも
あと、我が家は片方の収入だけでは生活が厳しい(涙)

ちなみに、お互いの実家は新幹線でないと帰れない距離、さらに近くに頼れる親戚や知り合いもいない、完全核家族の我が家。

夫は「女=家事育児」「男=仕事」という考えを一切持っておらず、家事も育児もこなしますが、ご多聞にもれず私の復帰後は夫婦喧嘩が増えました。

特に息子が病気になったとき!

育休復帰後、夫婦ともに疲労感の蓄積を感じています……。

現在、家族全員が快適に過ごせる共働きライフを絶賛模索中です。

どうしてブログをはじめたの?

出産をきっかけに、今後の人生について改めて考えた時、「人生のライフワークを見つけたい」という思いがぽっと芽生えました。

心の底から自分が楽しめるライフワークを見つけて、

息子が独立しても、夫に先立たれても、自分の人生をエンジョイできる人でありたい!

そしたら人生100年時代をリスクじゃなく楽しみと感じられるようになるのではないか……。

そこで行き着いたのが、″書くこと″です。

かつて雑誌の編集・ライター業をしていたこともあり、書くことが好き!

婚活中、不妊治療中、出産時、育休復帰時など、

人生のターニングポイントで私を救ってくれたのが検索でヒットしたブログだったことを思い出し、

「私も書いてみよう!」と思い至りました。

「共働き」や「ワーママ」というワードには、どうしても

「大変そう」

「疲れていそう」

「慌ただしそう」

といったネガティブなイメージが付きまとっているように思います。

たも
たも
そして、実際私は疲労感の蓄積を感じている……。

けど、せっかく自分が選んだ道なのだから、工夫や考え方で出来る限り楽しんで過ごしたい!と強く思います。

私自身絶賛錯誤中ではありますが、”ワーママ”をより快適に生きるための情報や知恵(たまに葛藤も)を共有していきます。

「いいところだけ」を見せるのではなく、「リアル」を発信することをモットーに、楽しく更新していきたいです!